企業年金活用研究会

勉強会詳細

タイトル 「ハイブリッド型年金制度の変遷と概要」と「改正DC法の要点」
日程 2015年11月20日
時間(受付時間) 19:00~21:00(受付18:30)
会場 日比谷図書文化館
参加費 1000円
定員 30名
申込条件 ・ 企業年金(厚年基金・DB)運用報告担当者
・ DC加入者教育業務ご担当者
・ DCプランナー(企業年金総合プランナー)/DCアドバイザー(年金・退職金総合アドバイザー)
・ 確定拠出年金管理士

【申込み】・・・必ず、直接当会へお申込みください。
詳細と申込み方法 ⇒ http://www7a.biglobe.ne.jp/nenkinkurabu/CPUM/seminar.pdf
講師 谷内 陽一 氏 (りそな銀行)
幹事
勉強会概要 厚生労働省社会保障審議会企業年金部会では、平成25年10月29日 の第1回の開催以後、厚生年金基金制度の終了と企業年金2法の成立から10年以上経過し、社会経済情勢や企業の労使を取り巻く状況の変化の時期にあって、中小企業を視野に入れた企業年金の新たな取組みについて検討が重ねられ、DC法の改正案の取りまとめとDBの弾力的な運営についての検討が行われました。DC法の成立は今後の国会での採決を待つばかりとなったこの時期に、これらの検討の内容のおさらいと確認をすることに重点を置いて開催します。
講師紹介 1997年明治大学政治経済学部卒業後、厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)入職。業務部、数理部、年金運用部を歴任したほか、中央官庁および経済系シンクタンクへの出向を経験。全労済を経て、2010年12月りそな銀行入社。主な著書・論文に、「公平性・中立性の観点に立った年金税制のあり方」(日本年金数理人会『第3回企業年金研究賞』最優秀論文)、「誰かに教えたくなる 企業年金ABC」(社会保険研究所『月刊年金時代』誌にて好評連載中)など。社会保険労務士、証券アナリスト(CMAⓇ)、1級DCプランナー、DCアドバイザー、MBA(経営管理修士[専門職])、日本年金学会会員、日本保険学会会員。

主催者情報

組織名 企業年金活用研究会
担当者名 林 日止美