みなとグローバル勉強会 大阪大手門勉強会

勉強会詳細

タイトル S37 適格退職年金廃止後の企業年金改正を探る
日程 2011年09月25日
時間(受付時間) 15:30(15:20)
会場 追手門学院大阪城スクエア
参加費 3,500円※当日、会場で申し受けます。
定員 24名
申込条件 勉強会S36および勉強会S37を同時申込の場合、5,000円で受講いただけます。
講師
幹事
勉強会概要  企業年金の様々な改正が適格退職年金廃止後に実施されようとしています。8月4日に成立し、公的年金の改正や確定拠出年金の企業型について従業員拠出ができるマッチング拠出を始めとした企業年金の様々な改正が実施されることになりました。
 また、平成24年度以降を見据えた確定給付企業年金と厚生年金基金等の改正が7月14日に出されたパブリックコメントで明らかになり、8月24日まで意見募集が行われています(8月15日現在)。
 企業年金の制度運営については、これまで、より適切かつ円滑に実施できるように各界から多くの改善要望を受けており、このような要望や課題を受けて、企業年金の制度運営の効率化から、様々な見直しを行うこととされており、確定拠出年金やキャッシュバランスプランにも影響を与えることになります。
 また、市場の短期的変動が拡大する中で、昨今の金融危機以降、企業年金の財政運営について様々な課題が指摘されており、財政の健全化の観点から継続基準や非継続基準の財政検証の見直し、回復計画の廃止、指定基金の指定要件等の見直しが予定されており、厚生年金基金や確定給付企業年金において掛金の引き上げなどの大きな影響が及ぶことが予想されます。
 この大きな影響を及ぼす改正内容の解説や各企業年金に与える影響について、年金数理人の中林氏に講演していただく予定です。奮って、ご参加ください。

=開催報告=
 この夏に出された企業年金制度改正にかかるパブリックコメントと、年金確保支援法の動きを解説していただきました。公的年金、DC、DB・厚生年金基金の動向を、網羅的に把握できたのではないでしょうか。
講師紹介

主催者情報

組織名 みなとグローバル勉強会 大阪大手門勉強会
担当者名 上田 雅敏