企業実務研究会企業年金部会

勉強会詳細

タイトル 10周年を迎えた確定拠出年金の意義と今後の展望について
日程 2011年10月04日
時間(受付時間) 18:30~20:30(18:15受付)
会場 東京都港区虎ノ門1-1-24  第1オカモトヤビル4F
参加費 3500円(当日会場で申し受けます)
定員 40名
申込条件 なし
講師 野村 亜紀子 氏
幹事 企業実務研究会 企業年金部会 事務局
勉強会概要 確定拠出年金(DC)の開始から10年が経ち、加入者数は400万人を超えました。8月には長年の懸案だった「マッチング拠出」(企業型DCの加入者拠出)を可能にする「年金確保支援法案」が成立するなど、制度内容の拡充も進められてきました。
今後さらなる発展が期待されるDCですが、制度上の課題は未だ数多く残されています。勉強会では、DCのモデルとされた米国401(k)プランの最近の動向も参考にしつつ、DCの今後の展望と課題について議論します。
講師紹介 (株)野村資本市場研究所 研究部 主任研究員

主催者情報

組織名 企業実務研究会企業年金部会
担当者名 大高 直美